刑事事件で判決が出るまでの流れ

刑事事件の処理の流れ

青空のノート刑事事件として裁判所で審理され、結論が出されるまでにはいくつもの手続きを経なくてはなりません。
まず捜査機関が、犯罪が発生したと思われたときにその事件を捜査し、裁判所に起訴すべきか判断します。
次に起訴されたら裁判所は捜査機関が捜査したその事件が、本当にその通り発生したかを確認します。
最後に、裁判所が当事者の意見を聞いた結果どのように判断したかを判決という形に表します。

捜査機関の取り調べについて

捜査機関は、できるだけ本人の了承を得られる範囲で捜査を行いますが、ときには本人の同意なしに調べなくてはならないこともあります。
民事事件では最終的には賠償と言う形で決着をつけることが多いですが、国や地方自治体を相手とする刑事事件では賠償ではすまないこともありますので、相手に強制できる理由を用意しなければなりません。
それが令状です。
令状によって逮捕や勾留ができるのです。
捜査の結果裁判で理由を説明できるだけの証拠があると判断されれば裁判所に起訴します。

裁判所での手続きについて

裁判所では事前に裁判の争点や証拠の整理を行う事がありますが、大きく分けて冒頭手続、証拠調べ手続、弁論手続、判決宣告手続が行われます。
冒頭手続は当事者や起訴された内容に誤りがないかなどを確認します。
証拠調べ手続きは起訴をした検察官から証拠の説明がされ、被告人やその弁護人の反論を行いその証拠が本当に起訴された理由として受け入れられるものか調べられます。
弁論手続では検察官が証拠調べによって得られた情報から事件に対する意見を述べ、どのような処置をすべきかを裁判官に伝え、被告人や弁護人は被告人の立場から事件に対する意見を言い、最後に被告人本人から裁判官に言っておきたいことを伝えます。
これらの手続きを経て判決宣告手続きとして裁判官の判断が伝えられ、被告人が有罪か無罪かが決まります。